オリジナルTシャツを作る際の注意点は?

オリジナルTシャツpechepri.comを作る時の注意点として最も気をつけなくてはならないのは著作権侵害の問題です。

有名なキャラクターをプリントに使用すると損害賠償を請求される恐れがあります。特に商業的利用をする場合は法的処置も受ける恐れがあるので特に気をつけなくてはなりません。
また芸能人の顔写真や名前などを用いるのも著作権とは違うのですが、パブリシティ権を侵害しているためやってはいけません。

パブリシティ権とはタレントなどの氏名や肖像を守る権利です。

これは人間だけに適用され動物などには影響しないため動物の写真や自作のイラストなどを使うとこれらの問題を考えないで安心してオリジナルTシャツ制作ができます。

また自作といっても自分で機材を用意して作るというのはコスト面でも手間としてもあまりお勧めができません。

きちんと専門店に依頼をしたほうが失敗もなく安心してオリジナルTシャツの制作が可能です。
必要なのは自分の用意をしたイラストだけなので簡単です。

数字入りのオリジナルTシャツオーダーのポイント

数字入りのオリジナルTシャツをオーダーする時には、ポイントを抑えておくと素敵なTシャツが完成します。

たとえば、自分の生まれた生年月日を表すことも出来ます。
生年月日だけではなく、アナログ時計のデザインでも可能です。

また、名前と生年月日入りも可能です。

さらに、記念日をプリントしてもらってオリジナルTシャツも出来ますので、贈り物にも最適です。

単独の記念日だけではなく、複数を入れてもらうことも出来るので、カップルやファミリーでも楽しむことが出来ます。

ナンバープレート風のデザインで製作することも出来るので、とてもユニークな一枚に仕上げてもらえるでしょう。

このように、オリジナルTシャツでも数字を入れてもらうことでさらにオリジナル感が増しますし、それだけ、愛着が湧いてきます。

数字をプリントしたオリジナルTシャツであれば、自分で着用するにも楽しさが感じられますし、手頃なプレゼントとしても大変贈った相手に喜ばれるので重宝です。

似顔絵をオリジナルTシャツにしてプレゼント

誕生日プレゼントや卒業記念品、敬老の日、お世話になった家族や先輩、先生などへ贈り物をする機会はたくさんあります。

どこでも買えるような既成品ではなく何か特別なプレゼントをしたいときには、似顔絵をデザインしたオリジナルTシャツがおすすめです。

イラストが得意なら自分で絵を描いたり、顔写真を加工してデザインしたり、メッセージを添えたり背景を加えたりして素敵なオリジナルTシャツを作れば受け取った人も喜んでくれるはずです。

家族みんなの顔を描いたり、部活やサークル、クラスのメンバー全員の似顔絵をデザインしてみたり、Tシャツの表と裏に違う表情をプリントするなどアイデア次第でいろいろな凝ったTシャツが作れるので特別感があり、お店では絶対に買えない世界で一つだけのアイテムができます。

お祝いや感謝のメッセージを一緒にプリントしたり、マンガ風の顔やポップアートのようなデザインなど工夫をして、素敵なプレゼントを作ってみましょう。